Z会幼児コース(年少/年中/年長)の評判・口コミは?

子育て

Z会の幼児コースって実際どうなんだろう?

と、Z会の幼児コースの評判や口コミについて気になっていませんか?

今回はZ会幼児コースの特徴とともに評判や口コミについて紹介していきたいと思います。

また、実際に試してみた感想も紹介しますので、Z会の幼児コースが気になっている方ぜひ参考にしていただければと思います。


Z会幼児コースの特徴

知識を身に付ける受け身の学習ではなく、「ワーク学習」と「実体験」で将来の学力の基礎となる「あと伸び力」を身につけることに重点を置いているのが特徴です。

「ワーク学習」は「かんがえるちからワーク」という子供向けのワーク、「実体験」は「ぺあぜっと」という親子で取り組む体験課題があります。

また、毎月添削課題(ぺあぜっとシート)があり、教材をやっておしまいではなく、丁寧な添削指導が受けられるのもポイントです。

Z会幼児コースでは、幼児期に出会わせたい課題を「ことば」「数・形・理論」「自然・環境」「生活・自立」「表現・身体活動」の5つの領域に整理し、「ワーク学習」「実体験」ともにこの5つの領域を網羅して、文字の読み書きや数の学習だけではない、幅広い内容を学習していきます。

Z会幼児コースの評判・口コミ

では、実際のZ会幼児コースの評判や口コミはどうなんでしょう?

Z会幼児コースパンフレットに載っていた評判や口コミについて、年少/年中/年長コースごとに紹介します。

Z会年少コースの評判・口コミ

問題の種類が豊富だから飽きずに楽しく学んでいます。

市販のドリルに比べて『かんがえるちからワーク』は問題のバリエーションが豊富なので、飽きることなく解くのを楽しんでいます。また、前につまずいたことのある問題が、角度を変えて繰り返し出題されるのでよい復習になりますし、親にとっても子供が内容を理解できているのか、把握する指針になります。

Z会年中コースの評判・口コミ

自分で読んで理解できるから無理なく勉強習慣がつきました。

『かんがえるちからワーク』は、子供が読んで理解できる、ちょうどいい難易度と分量。問題のタイプも多様なので楽しんで取り組めるようで、気が付くとひとりでどんどん進めています。「勉強しなさい」と言わなくても、自ら計画的に学習する習慣の基礎ができてきたな、と感じています。

Z会年長コースの評判・口コミ

達成感を得られる分量と内容だから、子供がやる気になります。

1日1ページ、という進め方が子供にはわかりやすかったようです。「終わった!」という手応えを感じられることが「もう1ページやろう」という気持ちにつながっているようでした。自分でお話を作るなど答えがひとつではない問題もあり、考える力が自然に身に付く教材だな、と感じています。

Z会幼児コースの評判・口コミをまとめると

・親にとっても子供が内容を理解できているのか、把握する指針になる

・自ら計画的に学習する習慣の基礎ができてきた

・考える力が自然に身に付く教材

とみなさま感じているようです。

実際に試してみた感想

ここからは、実際にZ会幼児コース(年中)を試してみた感想をお伝えしたいと思います。

資料請求すると、資料の他にお試し教材ももらえます。

『かんがえるちからワーク』は、11問がとてもいい問題だなと感じました。

問題の量は1日1ページ程度で決して多くはないと思うのですが、問題の質が高く「そうきたかー!」と思わせるものばかりでした。

問題の難易度は、簡単に解けるものもあれば、悩みながら解いているもの、間違って答えているものもあり、個人的な印象としてはいい意味でやや難しいという印象でした。

例えば、葉っぱと花を線で結ぶ問題。

たんぽぽはよく見るのですぐにわかりましたが、アサガオとチューリップは少し悩みながら答えていました。

こういう問題があると、外で花を見かけた際に観察したり、図鑑を見るきっかけになりますよね。

あとは、かみのかたちの問題。

「これくらいわかっているだろう」と思っていた問題をあっさり間違えていて「ええぇぇ!?」となりました(笑)

親が思っている子供の理解度と、実際の子供の理解度って違うんだなと実感。

でも、自分の子供がどこまで理解していて、どういう分野が分からなかったり苦手なのかがよくわかったし、親向けの解説も非常に丁寧で「そうやって教えたらいいのか!」ということがとても分かりやすかったです。

この他にも、ひとつの問題から色々と発展できそうな問題が多く、問題の質がとてもいいという印象でした。

『ぺあぜっと』に関しては、基本的に親子で取り組む課題ですが、日常生活の中で気軽に取り入れられそうだなという印象です。

例えば、こんな感じでサラダを作る体験が載っています。

日々子供と生活したり遊んだりする中で、「どういう生活や遊びが子供の知育にいいのかな?」と考えながら過ごしているものの、ネタ切れになったり、経験が片寄ったり、そもそもこれであっているのかどうかもわからないという感じでしたが、『ぺあぜっと』は子供の年齢に合わせて経験させておきたいことが載っていて、簡単に生活や遊びの中に取り入れられそうだったので非常に参考になりました。

「学力重視というよりは経験重視」、「子供がひとりでというよりは親子で一緒に」という色が濃い教材だと感じたので、そのあたりはそれぞれの家庭の教育方針や生活環境によって合う合わないがありそうですが、「幼児期は親子で一緒に色々な経験をしたい!」とお考えの方にはぴったりな教材だと思いました!

1ヵ月にもらえる教材の内容・料金・キャンペーン

1ヵ月にもらえる教材の内容と料金、キャンペーンについてまとめてご紹介します。

1ヵ月にもらえる教材の内容

1ヵ月にもらえる教材は、

かんがえるちからワーク(自習用ワーク教材)

ぺあぜっと(体験型教材)

ぺあぜっとシート(提出する課題用シート)

※年少コースは『ぺあぜっとシート』の代わりに『いっしょにおでかけブック』というミニサイズの絵本型教材。

ぺあぜっとi(保護者の方向け情報誌)

の4点になります。

料金

Z会幼児コースの2019年会費表はこちら。

12ヵ月一括払い 6ヵ月一括払い 毎月払い
年少 21,432円(1ヵ月あたり1,786円) 11,976円(1ヵ月あたり1,996円) 2,102円
年中 28,548円(1ヵ月あたり2,379円) 15,954円(1ヵ月あたり2,659円) 2,799円
年長 29,040円(1ヵ月あたり2,420円) 16,230円(1ヵ月あたり2,705円) 2,848円

キャンペーン

現在やっているキャンペーンはこちら。

入会のキャンペーン

今ならWebからのご入会がおトク!

Webからお申し込みくださった方の中から、抽選で5,000名様に、図書カード500円分をプレゼント!(締切:2019年4月30日(火))

資料請求のキャンペーン

春の好奇心おうえんグッズプレゼント中!

今なら資料とお試し教材に好奇心おうえんグッズがついてきます!

さいごに

他にも幼児向けの通信教材について書いていますので、よろしければこちらもどうぞ!

幼児向け通信教育プリント学習教材まとめ!無料お試しやキャンペーン情報も!【ポピー/七田/こどもちゃれんじ/まなびwith/Z会】
そろそろ子供に通信教育やプリント学習をさせてみようと思ってるけど、どんな教材があるんだろう?値段や内容もそうですが、どういう違いがあってどれが自分の子供に向いているんだろう?と、幼児向け通信教育やプリント学習教材について情報を集めて...
まなびwith(年少コース/年中コース/年長コース)の評判や口コミは?
幼児・小学生向けの通信教育「まなびwith」。新しくできたサービスなので、評判や口コミなど気になりますよね!今回は「まなびwith」の特徴や、年少コース・年中コース・年長コースの先行モニターさんの評判や口コミ、実際にお試し教材をやっ...
幼児ポピーの評判や口コミは?特徴や実際に試してみた感想も合わせて紹介!
ポピーは何となく聞いたことがあっても、実際の評判や口コミって実際どうなの?と気になりますよね!今回は幼児ポピーの評判や口コミと、特徴や実際に試してみた感想も合わせてご紹介していきたいと思います。幼児ポピーの特徴「ポピー」は聞いた...