0~2歳児向けおすすめ絵本まとめ

0~2歳児向けのおすすめ絵本をまとめました。

リズム感があり読みやすく聞き取りやすい文赤ちゃんでも親しみやすいキャラクターやはっきりとしたイラスト親子で読みながら遊べる絵本を厳選しました。

ぜひ、絵本選びの参考にしてみてくださいね。

くだものに関するおすすめ絵本

くだもの

すいか、いちご、バナナなどいろいろなくだものが本当においしそうに描かれています。

かわいいイラストではなく、写真に近いリアルなイラストですが、子供はこういったリアルなイラストも好きなようです。

他にも同じシリーズで、「やさい」「おにぎり」「いちご」などがありますが、どれも子供は大好きです!

いちご

こちらも「くだもの」で有名な平山和子さんの絵本。

こちらの「いちご」はいちごの花が咲いて実るまでを描いた作品。

我が家では絵本からいちごを摘み取り食べるまねをして、赤いいちごは「あま~い!」まだ緑のいちごは「すっぱ~い!」と言って親子で遊びました。

いちご狩りに行く前の予習としても使えますよ。

野菜に関するおすすめの絵本

おやおや、おやさい

野菜たちのマラソン大会を描いた作品。

「そらまめそろってマラソンさ」「かぼちゃのぼっちゃんかわにぼちゃん」などダジャレのようなリズムのある文章で楽しく読めます。

ちょっと抜けた感じのイラストの野菜たちもとても可愛いです。

パプリカやセロリ、ラディッシュなど、少し珍しい野菜も登場するので、実際に見たり食べてみるのもおすすめです。

食べ物に関するおすすめの絵本

しろくまちゃんのほっとけーき

こぐまちゃんえほんの中でも人気の高い「しろくまちゃんのほっとけーき」。

子供も大好きでもう何度読んだかわからないほど。

そして、一緒にホットケーキを焼いて食べたりもしました。

こぐまちゃんえほんシリーズは子供にとって身近なテーマで描かれていて、キャラクターも可愛いので子供うけしやすいのだと思います。

他のシリーズもおすすめです。

このパンなにパン?

「パンパンこのパンなんのパン?」 というリズムで楽しく読める絵本。

クリームパンや、あんぱん、メロンパンなど定番のパンがたくさん登場します。

イラストもリアルでとてもおいしそうなため、子供は絵本に顔を近づけたり、手で取って食べるまねをして遊んでいました。

この本を読むとパン屋さんにパンを買いに行きたくなりますよ。

おにぎり

「くだもの」などで有名な平山和子さんの絵本。

ごはんを炊いてから始まり、のりを巻いておにぎりを完成させるまでの工程が、リアルなイラストで描かれています。

絵本から梅干をつまんで食べるまねをして「すっぱ~い!」と言って親子で遊びました。

この本をきっかけに実際に本物の梅干を食べてみたりもしました。

花に関するおすすめの絵本

はなのさくえほん

種をまくと、葉っぱが出て→茎がのびて→花が咲くという一連の流れを、絵本を上に開いていくことで見ることができるしかけ絵本。

この本のいいところは、しかけが面白いのもそうですが、お花ごとに種の形や葉の形が違うところもきちんと表現されているところです。

また、お花ごとに違った虫も登場し、子供は虫を指でツンツンして遊んでいました。

車に関するおすすめの絵本

ぶーぶーじどうしゃ

見開きでどーんと車が一台ずつ載っていて迫力があります!

イラストもとてもリアルです。

救急車、パトカー、消防車など、子供が大好きな車がたくさん登場します。

この本を読むと子供が必ず同じ車のトミカを持ってきて「これとこれ、いっしょ!」とやって喜んでいました。

車好きの子におすすめです。

魚に関するおすすめ絵本

きんぎょが にげた

独特のタッチと色使いで描かれた絵が印象的な五味 太郎さんの「きんぎょが にげた」。

赤い金魚がお花になったり、カーテンの柄になったりと、色々なところにかくれます。

1歳位からは「どこににげた?」と、指さし遊びをして楽しむこともできます!

顔に関するおすすめの絵本

かお かお どんなかお

1ページごとにわらったかお、おこったかお、ないたかお、いたずらなかおなどいろいろな表情が出てきます。

親子で絵本と一緒にかおまねをするととても楽しいです!

いないいないばぁあそび

可愛い犬や猫のキャラクターが「いないいなばぁ」をするしかけ絵本。

子供は「いないいないばぁ」が大好き。

「ばぁ!」と絵本をめくると毎回きゃっきゃと笑っていました。

初めての絵本にもおすすめです。

おひさまに関するおすすめの絵本

おひさま あはは

登場するキャラクターがみんな「あはは」と笑っていて、読んでいても聞いていても笑顔になれる一冊。

育児が辛いときも、この絵本を読むと自然と笑顔になり、ほんわかした気分になれますので、ある意味ママ向けでもあります。

子供も大好きでこの本をよく持ってきて、「あはは」のところでは一緒に笑ってました!

冬におすすめの絵本

ゆきゆきゆき

タイトルにある通り、雪がテーマの絵本。

文章もとても短く、雲の中で雪ができて降り積もるというだけのお話なのですが、雪の冷たさや雪の結晶の美しさがとてもよく表現されていると思います。

雪ってこういうものなんだと雪をよく知らない子どもでもわかりやすいと思います。

また、本当に雪の結晶がひとつひとつ違う形なのか、実際に見てみたりとちょっと科学的にも使える内容になっているのでおすすめです。

やまのおふろやさん

しんしんと雪が降る山の中、お風呂に動物たちが次々と入っていきます。

そこへ、ゆきだるまさんがやってきて…

思わず「だめー!」と言いたくなるのですが、ちゃんとオチがあっておもしろいお話になっています。

ほのぼのとしたイラストもとてもかわいいです。

ねんねに関するおすすめの絵本

おやすみ~

可愛いイラストとわかりやすい内容です。

「はぶらしさん おやすみ」「ピアノさん おやすみ」「つみきさん おやすみ」といろいろなものにおやすみを言って、最後はもうふをかけてママやパパとねんね。

ほっこりしつつも、歯みがきやお片付けをやさしく促してくれるストーリーがいいなと思いました。

おふとんかけたら

ソフトクリーム、トイレットペーパー、そらまめなどにおふとんをかけたら…?

「どうなっちゃうんだろう!?」「そうきたか!」と展開がとても楽しい1冊。

作者は「だるまさんが」などでおなじみのかがくいひろしさん。

おふとんの柄など細部にもこだわっているので注目です。

どうやってねるのかな

動物がテーマの絵本は数あれど、「動物の寝かた」に着目した絵本は少ないと思います。

まさにいろいろな動物がどうやって寝るのかを描いている絵本なのですが、大人でも「へーそうやって寝るんだぁ!」 と思ってしまう内容です。

我が家では、それぞれの動物の寝かたをまねしたりして遊びました。

おすすめの図鑑

こどもずかん

イラストが可愛く、赤ちゃんの初めての図鑑にぴったりです。

厚紙でできているので破れにくく、英語も書いてあるため日本語を覚えてからは英語の図鑑として長く楽しめます。

「これなあに?」と子供が聞いてきたり、「〇〇はど~れだ?」と言って指さし遊びをするのにも使えます。

はっけんずかん

子供が少し大きくなってからは、こちらの図鑑がおすすめです。

子供はしかけ絵本が大好きなんですが、こちらの図鑑はなんとしかけ付きの図鑑になっていて、ペラペラめくることができます。

我が家でも大人気の図鑑です。

種類がいろいろあるので、興味のあるジャンルから、読んでみてください。

さいごに

こちらの記事もおすすめです。

3~5歳児向けのおすすめ絵本をまとめました。 いいなと思う絵本に出会ったら、こちらにまとめていきたいと思います! 自然に関するおすす...
子供達が0~3歳でよく遊んだ本当に買ってよかったおすすめのおもちゃをまとめました! ちなみに私はごくごく普通の主婦をしていますが、おも...