2018年わが家の2歳児と4歳児がよく遊んだおもちゃまとめ!

わが家には今年2歳と4歳になった兄弟がいるのですが、1年の締めくくりに今年よく遊んだおもちゃをまとめたいと思います。

やっぱり、リアルに使っているおもちゃほどいいおもちゃってないと思うんですよね。

今回は、子供たちが実際に遊んでいる様子なども詳しく書きましたので、

・同じくらいの年齢のお子様をお持ちの方
・子供のおもちゃ選びに悩んでいる方

よろしければ、参考にしてみてくださいね!

トランポリン

ちょうど買って1年くらいになりますが、今でもほぼ毎日のようにピョンピョン飛んで遊んでいます。

毎日外で遊べたらいいのですが、そうでない日は家の中でピョンピョン飛ぶことで多少運動不足の解消にもなったかなと思います。

特に下の子はかなり足腰が鍛えられたんじゃないかなと思います。

まだ、子供たちのトランポリン熱も冷めてないようなので、来年も引き続き使えそうです。

マグフォーマー

去年のクリスマスプレゼントがマグフォーマーの62ピースで、その1ヶ月後にさらに30ピース追加しています。

わが家のマグフォーマーは全部で92ピースあり、2歳児と4歳児が2人で遊ぶにはちょうどいい量でした。

マグフォーマーは作れる形がある程度決まっているのかと思ったら、意外と色々作れて遊びの幅が広く楽しめました。

磁石で自由に立体を作って遊べるマグフォーマー。 我が家では親子共にその楽しさにどっぷりハマっているのですが、中にはあまり遊ばないという...

もちろん、平面から立体へ直感的に形を変えられることで、遊びながら図形に強くなれるという知育効果もあります。

初めは簡単なものから、だんだん複雑なものが作れるようになっていくのを見ると、子供たちの成長が感じられます。

今年のクリスマスには、じぃじサンタから車輪付きのマグフォーマーをもらい、今まで動かなかった立体が動くようになり、さらに楽しめるようになりました。

また、近いうちに別の形のマグフォーマーも追加で購入予定です。

ストライダー、へんしんバイク

今年の春には2歳なりたての下の子にストライダー、4歳前の上の子にへんしんバイクを買いました。

ストライダーは特に教えなくとも直感的に乗れるようで、すぐに乗りこなしていました。

へんしんバイクというのは、ストライダーと同じキックバイクなんですが、後付けでペダルをつけて自転車のように乗れるものです。

キックバイクの時は、ストライダーと同様すぐ乗りこなしていたので、これはペダルもいけるかも?!と思い、1ヶ月くらいでペダル付きにしました。

が、ペダルを付けてからは、乗れるようになるまで結構かかりました。

3ヶ月くらい練習し、夏頃には止まっているところから自分でこぎ出し、ブレーキをかけて止まるということができるようになりました。

まぁ、うちの子はちょっと運動が苦手なところがあるので、普通の子が乗ればもう少し早く乗れていたのではないかと思いますが。

ともあれ、ストライダーとへんしんバイクは2人ともとても楽しそうにやっていて、今年大活躍したおもちゃのひとつです。

レゴデュプロ

うちにあるのはすでに廃盤の「楽しいどうぶつえん」というセットです。

最初のうちは大したものが作れなくて、あまり遊ぶことがなかったのですが、だんだん色々なものが作れるようになってきてからは、ほぼ毎日のように何かを作って遊んでいました。

最近はプラレールと組み合わせて、踏切や駅を作って遊んでいることが多いです。

あとは、ラップの芯と組み合わせて、ピタゴラスイッチ的なものを作って遊ぶのも楽しかったです。

来年もまだまだ長く遊べそうですが、もう少しパーツやブロックを増やしてもいいかなと思っています。

また、上の子は来年5歳になるので、そろそろ通常のレゴに移行しようか悩みどころです。

プラレール

プラレールも今年よく遊びました。

子供たちは電池ではなく、手動で走らせるのが好きなようで、線路も特に丸く繋がっているわけではなく、適当に好きなように伸びている感じです。

うちには駅や踏切といったパーツがないため、そういったものはレゴデュプロを使って自作しているようです。

買おうかどうか悩んだ時期もありましたが、まぁ、結果オーライな感じになりました。

立体パズル

こちらも1年前くらいから遊んでいます。

現在長男(3歳)はパズル遊びにハマっています。 朝起きてはパズルをし、幼稚園から帰ってきてはパズルをし、晩御飯を食べた後も…ととにかく...

買って2〜3ヶ月はほぼ毎日のように遊んでおり、今ではガイドブックの問題はほぼ全てひとりでできるようになりました。

最近は毎日遊びはしませんが、時々出してみては自分で四角を作ったり、立方体を作ったりして遊んでいます。

下の子も上の子が遊ぶのを見てるだけあって、ガイドブックの問題も大体でき、上の子と同じように四角を作ったりして遊んでいます。

あまり悩まずにパパッと作り上げるので、子供の脳は柔らかいな〜と見てて思います。

賢人パズル

立体パズルほどではないですが、こちらもまあまあよく遊びました。

上の子はひとりで何も見ずに一から立方体を作れるようになりました。

毎回同じパターンを覚えている訳ではなく、その都度違うブロックからスタートし、立体を作り上げており、もしかすると大人の私よりもよくできるかも知れません(笑)

下の子もマネしてやるのですが、時々まぐれで立方体が作れます。

賢人パズルについて、詳しくはこちら。

今回はエド・インターの『賢人パズル』のレビューをしたいと思います。 我が家では、くもんの『NEWたんぐらむ』、エド・インターの...

たんぐらむ

今年の前半くらいまで活躍していました。

わが家で一番最初に与えた図形パズルでもあります。

ある意味ここからパズル好きになっていったと言ってもいいかもしれません。

一通りできるようになってからは、上の2つに移行してしまいましたが、いい役割を果たしてくれたなーと思います。

ことわざかるた

下の子が大好きなことわざかるた。

今年の後半くらいから、ほぼ毎日のようにやっています。

このかるたのいいところは、ボタンを押すと自動で読み上げてくれるところ。

親が読む手間がありません。笑

最近は、2歳児と本気モードといって一緒に対戦していますが、10枚くらいは取られます。

肝心のことわざの意味まではわかっていないと思いますが、遊びながらことわざが自然と覚えられるので、いいおもちゃだと思います。

詳しくは、こちら。

2歳でことわざを覚えた驚きの方法があるのでお伝えします。 それがこちら。 ひとりカルタとはなんともシュール!笑 実...

おりがみ

おりがみとして遊んだり、はさみでチョキチョキ切ったり、おりがみでもよく遊びます。

おりがみを使ったはさみの練習方法についてはこちらを見てみてください。

子供のはさみの練習にはワークなども市販されていますが、身近なおりがみを使って手軽に楽しく練習することもできますよ(^^) できあがりは...

毎回100均でお徳用のおりがみを買ってきますが、水のごとく使うので、すぐなくなります。

おりがみの本はこちらの本が子供でも分かりやすくて良かったです。

おえかき

こちらも毎日のようにやってます。

こちらも100均でおえかきちょうを買ってくるのですが、消費が激しくすぐなくなります。

ちなみにクレヨンはこちらを使っています。

机などに誤って書いてしまっても、水ぶきで落とせるというくらいで、いたって普通のクレヨンです。

クーピーはこちら。

こちらも特にこだわりがあるわけではないですが、子供たちは気に入って使っているようです。

ねんど

今年のクリスマスプレゼントとして、粘土板やヘラと一緒に下の子用に買いました。

上の子も一緒に遊んでいます。

口に入れても安全なもの、色付きのもの、型付きのものなどもあり悩みましたが、シンプルな普通の粘土にしました。

やっぱりシンプルな粘土にしたことで、自由な発想で何でも作れて良かったです。

ねんどはこちらのものを使っています。

色も白く見た目が良いのと、最初はかたいのですがこねているうちに扱いやすいかたさになり形も作りやすいので、おすすめの粘土だと思います。

冬休み中のおうち遊びにも、安上がりだしいいと思います。

さいごに

以上、2018年わが家の2歳児と4歳児がよく遊んだおもちゃまとめでした!

今回紹介したおもちゃは、楽天ROOMにも載せています。

楽天会員ならだれでも使えて、ポイント2倍になります。

良かったら、楽天ROOMもぜひ見てみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする