マグフォーマーが楽しすぎる!我が家での遊び方!

タイトルの通りですが、マグフォーマー楽しすぎます!

我が家では息子の3歳のクリスマスプレゼントに62ピースのものを購入したのですが、楽しすぎて1ヵ月もしないうちに30ピース追加で購入してしまいました!

ちなみにマグフォーマーとはこんなおもちゃです!


701007 マグ・フォーマーベーシックセット62ピース

簡単に言うと、ピースの中に磁石が入っていて、ピース同士をくっつけて立体を作るおもちゃなんですが…

とにかく、楽しいです(*^-^*)

そして、遊びながら図形のお勉強もできちゃいます!

そんな楽しくて知育要素もあるマグフォーマーの我が家での遊び方を紹介したいと思います。

平面にくっつけて遊ぶ

f:id:chamicha:20180117033152j:plain

こんな感じで平面にくっつけて遊べます。

道路や線路といった感じでしょうか?

マグフォーマーは対象年齢が3歳からのようですが、我が家には1歳の次男もいて、次男は主にこんな感じで平面にくっつけて遊んでいます。

誤飲するような大きさではないので、個人の判断にはなりますが、小さい頃からマグフォーマーで遊ばせている方も多いようです。

壊して遊ぶ

これもやや小さい子向けの遊び方ですが、我が家の1歳の次男はわたしが作った立体をよく壊して遊んでいます。

わたしが「わー!やめてー!」というと『にやぁ( ̄▽ ̄)』っとして『くしゃ』っとつぶしに来ます(笑)

このくしゃっとつぶれる感じも楽しいんだと思います。

積み木なんかも赤ちゃんは始めくずして遊ぶのが楽しいので、そんな感覚で遊ぶのもいいと思います。

ガイドブックに載っている立体を作る

ガイドブックには様々な立体が載っていて、それを参考に作ることができます。

平面の状態から、上に引き上げて一気に立体にするのは、なんとも気分爽快!

f:id:chamicha:20180117042317j:plain

このような平面の状態から…

f:id:chamicha:20180117042341j:plain

こんな風に一気に立体が作れます!

ときどき、『ふにゃっ』となってしまい、『もやっ』としますが、立体の展開図が学べるという点ではかなり優秀な知育おもちゃだと思います。

また、図面の通りにピースを置かないといけないため、幼児にとってはそれだけでも結構頭をつかうようです。

ガイドブックにない立体を作る

マグフォーマーを買う前は、ある程度決まった立体しか作れないのかと思っていましたが、ガイドブックにない立体もたっっっっくさん作れます!

今まで見たことのない立体ができるとテンション上がりますw

f:id:chamicha:20180117035427j:plain

こちらは3歳児の作品。

平面から作るのではなく、中心となる立体にどんどんピースをくっつけて形を作ります。

他のおもちゃとコラボ

我が家ではレゴやプラレール、トミカなどとよくコラボして遊んでいます。

f:id:chamicha:20180117034209j:plain

だいたいこんな感じでマグフォーマーを家に見立てて、レゴデュプロの人形やトミカを詰め込んで遊びます。

プラレールとコラボするときは、トンネルを作ったり、駅を作ったりしています。

f:id:chamicha:20180117034242j:plain

こちらはトンネル。プラレールも通れます☆

身に付けて遊ぶ

ボールを作る手前の半球の状態がちょうど帽子のようになるので、かぶって遊んだりできます。

リボンなんかも作れますよ!

f:id:chamicha:20180117042414j:plain

帽子にはねこ耳が付いてますw

身に付けて写真を撮ったりするのも楽しいですよ(*^-^*)

ボールを壊さないように投げて遊ぶ

子供がキャッチするのは難しいかもしれませんが、子供が投げて親がキャッチして遊ぶこともできます。

f:id:chamicha:20180117035555j:plain

うまく衝撃を吸収するようにキャッチしないと崩れてしまうため、大人も結構ドキドキします。

そんな大人の姿を見て、子供もキャッキャと楽しんでくれるのでおすすめです。

ボールの中にボールを入れる

なんとマグフォーマーで作ったボールの中にマグフォーマーで作ったボールを入れることもできます!

f:id:chamicha:20180117033242j:plain

ボールの中にボールが入るとなんか嬉しい☆

まとめ

ただ決められた立体を作るだけのおもちゃかなーと思っていましたが、かなりいろいろな形の立体が作れますし、工夫次第で遊び方も広がるおもちゃでした!

マグフォーマーはいろいろなセットがありますが、最低でも62ピースはあった方が、いろいろ作れるのでおもしろく、それでもちょっと足りなくて買い足したほどです。

買うまでは結構高いので躊躇しましたが、結果的には知育にもつながり買って大正解のおもちゃでした!

ボーネルンド マグ・フォーマー ベーシックセット62ピース

ボーネルンド マグ・フォーマー ベーシックセット30ピース

我が家では62ピース+30ピースで計92ピースを使って遊んでいます(*^-^*)

これだけあれば今のところは足りない!と感じることも少なく楽しめているようです。

ちなみに三角、四角、五角形以外にも、ひし形や台形、二等辺三角形などの形も売っていて、多分今後追加で購入すると思います(笑)

購入したらまた、レビューしたいと思います☆

こちらの記事もおすすめです!

マグフォーマーを買う際、どのセットにするか悩むと思うのですが、初めてマグフォーマーを買うならベーシックセット62ピースがおすすめです! ベ...
購入して以来、子供たちがほぼ毎日のように楽しく遊んでいるマグフォーマー。 今回は、そんなマグフォーマーの作品例の第三弾です! よ...
大人も子供も楽しめる磁石のブロック、マグフォーマー。 我が家でも子供が(大人も?笑)大好きでよく遊ぶのですが、作品のストックがたまった...
磁石で自由に立体を作って遊べるマグフォーマー。 我が家では親子共にその楽しさにどっぷりハマっているのですが、中にはあまり遊ばないという...
我が家では息子が3歳のクリスマスにマグフォーマーをプレゼントしました。 ちなみにマグフォーマーとはこんなおもちゃです。 70...

お読みいただきありがとうございました!