KUM太軸色鉛筆24色のレビュー!三角軸で太めの子供用色鉛筆をお探しの方におすすめ!

子育て

お絵かき好きの子供用にKUM太軸色鉛筆24色を購入しました。

子供が使うので三角軸で太めの色鉛筆が使いやすいんじゃないかな〜と色々探してみたんですが、なかなかこれ!というものが見つからず。

最終的にはKUM太軸色鉛筆24色を購入したのですが、この色鉛筆に行き着くまでさまざまな色鉛筆を比較してきたので、このブログでちょっと詳しめにレビューしたいと思います。

くもんのこどもいろえんぴつ

普段くもんのこどもえんぴつを使っているので、色鉛筆もくもんが使いやすそうだと思ったのですが、くもんの色鉛筆って6色で色が少なすぎるんですよね…涙

あったら買う人結構いそうだと思うんですけど、なぜ多色展開しないのか疑問です。

まぁ、そんなこと言っても仕方ないですね。

くもんの色鉛筆は色こそ少ないものの、使いやすさ(と値段の安さ)はダントツいいので、低年齢の子供や初めての色鉛筆であまり色が多くなくていいという方にはおすすめだと思います。

こどもちゃれんじ しまじろう いろえんぴつ


次に見つけたのが、こどもちゃれんじの色鉛筆。

こちらも三角軸で太軸、色も12色とくもんの色鉛筆より色がたくさん入っています。

値段もリーズナブルなので、これでいいかなと思ったのですが、子供の希望の色が入っておらず、今回は購入を見送りました。

この色が欲しい!といったこだわりがなく、12色くらいあればいいという方であれば、子供も使いやすそうなのでおすすめかと思います。

リラ社 色鉛筆スーパーファルビー

さらに次に気になったのはリラ社のスーパーファルビーという色鉛筆。

リラ社は色々な種類の色鉛筆を販売していますが、中でもこのスーパーファルビーというシリーズがくもんのこどもえんぴつに近い太さで使いやすいのではないかと思いました。

品質もかなりいいようで、レビューを見ても高評価ばかり。

その分、お値段もかなりお高めですが、高品質の色鉛筆をとお考えの方にはおすすめできそうです。

色も18色でそれなりにそろってはいますが、子供希望の色(グレー)が入っておらず、見送ることになりました。

ステッドラー エルゴソフト三角色鉛筆

こちらも三角軸で多色の色鉛筆ですが、芯折れ防止加工というのがあり、芯が折れにくいのは良いのですが、色が塗りにくいというレビューがあったので見送りました。

それ以外は結構いいかなと思ったんですけどね。

ファーバーカステル ジャンボグリップ色鉛筆

これも16色でそれなりに色がそろっており、いいかなと思いました。

でも、なんかピンとこなくて見送りました。(表現がすごいアバウトw)

ピンとくる人にはいいんじゃないかなと思います。

ビックキッズ さんかく軸色鉛筆

アマゾンでやたらとおすすめされたビックキッズの色鉛筆。

すっごく安くて、色は少ないけど、もうこれでいいかなとも思いました。

でも、やっぱりもう少し色が欲しい。

18色のものもあるけど、三角軸はなく六角軸。

18色で三角軸なら買ってたのに。。

12色で三角軸のリーズナブルな色鉛筆をお探しの方にはおすすめ。

KUM 太軸色鉛筆

最後に見つけたのが、KUMの太軸色鉛筆。

三角軸で太軸で24色入りと、私が欲しい条件はほぼ全てそろってました!

お値段も一般的な色鉛筆よりは高いけど、まあまあリーズナブル。

ただレビューが少なく、ちょっと購入するのは不安でしたが、最終的にこちらを買うことにしました。

KUM 太軸色鉛筆の実際の使い心地は?

良かったところ

マットな質感の軸カラーにゴールドのロゴがとてもおしゃれです。

色鉛筆の太さですが、

普段使っているくもんの鉛筆と比べるとわずかに細いくらいで、太さはほぼ一緒で子供も持ちやすいです。

さらに中の芯の部分はくもんの鉛筆よりも太いので、横に倒して色を塗るときも塗りやすいです。

鉛筆削りもくもんのこどもえんぴつけずりが使えました!

色鉛筆用に鉛筆削りが必要だとちょっと面倒だなと思っていたので、よかったです。

長さもくもんの鉛筆よりも長いので、長く使えそうです。

発色も普通に良くてきれいな色がでます。

色のバリエーションも日本人好みで、子供がお絵かきやぬりえで使うような色はほぼそろっているのでいいのではないかと思います!

ただ、金銀はメタリック感がほとんどないため、金銀目当てだったら、あまりおすすめできないかもなぁって感じです。

12色だと少し物足りない、でも普通の色鉛筆は細くて持ちづらいという感じの子にはもってこいな色鉛筆です!

ちょっと微妙だったところ

色鉛筆自体には色の名前は入っていないので、ちょっと分かりづらいかもしれないです。

折れやすいというレビューも見かけましたが、根元からボキッと折れるのではなく、先を尖らせて使った場合に、先がわずかに欠ける感じです。

なので、限界まで削って尖らせるのではなく、少し加減して削ればいいと思います。

紙ケースなので、普段はケースに入れて使わずに、100均のトレーに入れて使ってます。

自宅用であまりケースは重要視してなかったので別にいいんですが、普段ケースに入れて保管しておきたい人にとっては紙ケースはちょっと使いにくいかもなぁと思います。

番外編 コクヨ ミックス色えんぴつ

ちなみにこんな色鉛筆も見つけました!

ひとつの色鉛筆に2色の色が入っていて、気軽に混色を楽しめるようです。

さいごに

いろいろな色鉛筆を比較してみましたが、KUMの太軸色鉛筆は三角軸で太めの子供用色鉛筆をお探しの方におすすめです!

よかったらぜひ使ってみて下さい。