自閉症?子供の発達支援相談に行った話。

3歳の息子の話ですが、先日発達支援相談に行ってきました。

今回はその時の体験談をご紹介したいと思います。

きっかけ

わたしも息子を育てながら薄々感じていたのですが、旦那がもしかして自閉症なんじゃない?と言い始めました。

ネットで自閉症を調べてみると、

・周囲にあまり興味を持たない

・コミュニケーションを取るのが苦手

・強いこだわりがあるなど

読んでいると当てはまることだらけでした。

市の発達支援相談センターに電話

今まであまり気にしないようにしてきましたが、もしかして息子は自閉症なんだろうか?と気にしだすといてもたってもいられなくなり、とりあえず市の発達支援相談センターに電話してみました。

電話では一通り息子の状態や家族構成、就園状況、本人や周りが困っていることなどを聞かれたと思います。

自閉症かどうかは専門の医療機関でないと診断できない

わたしはてっきり、発達支援相談センターで自閉症かどうか診断されるのかと思っていましたが、診断は専門の医療機関でないとできないとのことでした。

発達支援相談センターはあくまでも、子供の成長で不安なことを相談し、それに合わせてアドバイスをする場だということでした。

市内の医療機関も教えてもらいましたが、最近は受診される方が多く、予約から半年待ちだそうです。

とりあえずは発達支援相談センターで相談し、その後必要であれば医療機関を受診することにしました。

発達支援センターでの面談の予約はすんなり取ることができました。

家族で発達支援相談センターに行く

旦那・わたし・本人・弟の4人で発達支援相談センターに行きました。

相談員さんは、親と話をする方が1人と、息子と遊んでくれる方が1人、弟と遊んでくれる方が1人の計3人でした。

部屋にはテーブルとイス、それからマットが敷いてあり、おもちゃがたくさん用意されていました。

話しやすい雰囲気でいろいろ相談できた

電話でもそうでしたが、相談員さんはとても話しやすい方で、いろいろ話を聞いてくださり、アドバイスもたくさんいただきました。

1時間くらいお話しさせていただきました。

その間、子供たちもぐずることなく相談員さんと遊んでいました。

ちなみに、子供と遊んでいた相談員さんはただ遊ぶだけでなく、子供の遊ぶ様子をチェックしていて、最後に相談員さんが感じた子供の様子なども教えてくださいました。

発達障害かどうかは本人や周りが困っているかどうか

お話していく中で、発達障害かどうかは本人や周りが困っているかどうかがポイントになってくるようでした。

ネットに書いてあることは、大体の方が当てはまるようです。

本人が相当困っていたり、親や園の先生、お友達が相当困るようなことがなければ、このまま見守っていて大丈夫そうでした。

希望があれば、園での様子を支援員さんが見てくれる

今回は希望しませんでしたが、希望があれば園での様子を直接見に行ってくれるとのことでした。

気になることは相談してみるといいかも!

相談してみて、そこまで気にする必要ないのかなと思いました。

日常の気になる行動の理由や対処法などもアドバイスしていただきましたが、なるほどとためになることが多かったです。

現時点では、そこまで本人や、周りが困っていることはないのかなと思いますが、成長するにつれそういったことが出てくることもないとは言い切れないので、もしまた気になることが出てきたら、相談させていただきたいと思いました。

ひとりで思い悩んであれこれ心配するよりも、もし子供のことで気になることがあれば、相談してみるといいと思います。

シェアする